ソフトテニスの大会で勝ち上がるために、初心者が気を付ける5つのポイント!

試合に勝つために
スポンサーリンク

自分達のミスで相手にポイント与える場面を減らす

ソフトテニスは、ネットを挟んだコートでお互いポイントを奪いあうスポーツです。

 

そう、奪いあう競技なんです

 

ところが、ポイントを奪いあうレベルの試合をしているのは、ある程度以上の競技力をもった選手だけです。

ソフトテニス初心者や始めたばかりの子達が行うソフトテニスの試合は、ポイントを奪いあっているのではなく、与え合う競技になってしまっているのです。

 

ポイントが動く時

ポイントが動く場面というのは様々ですが、以下の2つのパターンに大別できます。

  • 相手にポイントを奪われるケース
  • 相手にポイントを与えてしまうケース

どういうことでしょうか?

いやいや!誰も相手にポイントなんてあげたくないよ!

と思われるかもしれません。

 

実は初心者や始めたばかりの子達の試合というのは、相手の戦略や優れたプレーによってポイントを奪われるケースよりも、自分達のミスによって相手にポイントを与えてしまうケースの方がほとんどなんです!

 

では実際どんな場面がそれに該当するのかを考えていきたいと思います。

 

1.ダブルフォルト

相手にポイントを与えてしまう最も代表的なミスです。

サーブを2回続けて失敗することで、なんのラリーも発生せずに無条件に相手に1ポイント加算され、次のポイントが始まります。

  • 大事な局面で緊張がピークに達し体が固まってしまう
  • 風が強い時に、風の影響を考慮できない
  • 集中力の欠如

などが原因になります。

相手は何にもしていないのに、ポイントがもらえてしまうとてもラッキーな場面になります。

解決策

まずはしっかりサーブをサービスコートに入れられるようになりましょう。

そのためには練習しかないですね。

練習時間の配分を見直して、サーブ練習の時間を増やします。また、セカンドサーブの練習もしっかり行います。練習は心構えが重要です。

ライバルに差をつけろ!!ソフトテニス初心者に必要な、練習の心構えとは!
ライバルに勝つために、ソフトテニス初心者の方が、練習するにあたってまずは知っておいてもらいたい心構えについて考えてみました。

 

しっかりサービスコート内にサーブを入れることを意識し、力を入れて打つスピードのあるファーストサーブの練習は、サーブが安定してきてからでも遅くありません。

 

風が強い日には、追い風なのか向かい風なのか、横に吹いているのか斜めに吹いているのか、しっかりと考慮したうえでサーブを打つようにしましょう。

たまにファーストサーブをフォルトした後に間髪入れずセカンドサーブを打つ子もいますが、セカンドサーブを打つ前には、一呼吸おいて集中しましょう

 

2.セカンドサーブをレシーブミスしてしまう

これも多く見られるミスです。

相手のセカンドサーブが緩い山なりのボールで飛んでくるため、一発決めてやろうと力が入り、ネットやアウトをしてしまいます。

セカンドサーブは、失敗するとポイントを失うため、サーブを打つ側も慎重になりコースやスピードが少し甘くなることが多いです

そのサーブをミスしてしまうのは、ダブルフォルト同様相手にポイントを差し出しているのと同じです。

解決策

レシーブ位置からのストロークを見直します。

レシーブ位置というのは、普段ラリーする位置に比べるとコートの浅い位置の場合が多いです。特に相手のセカンドレシーブとなると尚更です。

 

そのため、ネットや相手コートのベースラインまでの距離が、普段よりも短くなります。このことを考慮したストロークをする必要があります。具体的には、テイクバックの大きさを普段より小さくすることでスイングをコンパクトにします。このとき、フォロースルーはしっかり行います。

 

飛距離を調整しようとしてラケットを振るスピードを落としてしまうと、ドライブ回転が十分にかからず逆にボールの飛距離が伸びてアウトしてしまったり、ボールが持ち上がらずネットしてしまいます。

また、バウンドが高い場合には、なるべく高い打点で打つようにします。

 

これはネットまでの距離が近いため、打点を低くしてしまうと、ネットのリスクが大きくなることや、ネットを越える高さまでボールをもちあげるのに必要な角度が大きくなり、そのままアウトしてしまうリスクがあるからです。

 

3.チャンスボールをミスしてしまう

相手のセカンドサーブ時のレシーブ同様、相手からの甘い返球に対し、つい力がはいってしまいミスをしてしまいます。

またネット際までつめている場面で、ゆるく上がってきたボールに対し、ボレーで落とせばポイントできるところをスマッシュをミスって相手のポイントにしてしまう。

解決策

セカンドサーブに対するレシーブ同様、自分の立っている位置がコートのどの辺なのかをよく考えたストロークを心がけましょう。

また相手プレーヤーの位置を観察し、本当にスマッシュのような強打が必要な場面なのか判断できるように心がけます。

上手な子は、こういう場面で確実にポイントを奪ってきます!

どこに差がある??ソフトテニスの大会で勝ち上がれる子と上がれない子!
ソフトテニスの試合で、勝ち上がれる子と勝ち上がれない子の違いについてです。決勝トーナメントに勝ち上がる子はほとんどいつも同じ顔ぶれです。彼らはいったいどんなところが優れているんでしょうか。

 

 

4.目の前に飛んできた緩い山なりのボールをミスしてしまう

相手から飛んでくるボールの中には、チャンスボールという訳でもなく、厳しいシュートボールという訳でもない、乱打をしている時のような打ちやすいボールがあります。

 

このような何でもないボールを打ち損じて相手にポイントを与えてしまっては、ただラリーを続けているだけで試合に負けてしまいます

解決策

ストロークを安定させましょう。これも練習しかないです。

スイングを見直してみるのも良いと思います。特に、下半身や上体の回転をうまく使えずに腕の力に頼ったスイングをしている子は、腕に入れる力の加減やスイングスピードが一定にならず、毎回安定したストロークを行うのが難しいようです。こんな子はスイングフォームを改善するのもありです。

 

5.調度真ん中に飛んできたボールを、お互い見合ってしまって手がでない

これはダブル後衛で陣形を組んでいる場合や、雁行陣で前衛がサーブを打った直後の場面に多く見られます。

相手の打ったボールがちょうどお互い中心をとおるため、譲りあってしまい結局双方ともラケットを振らずに失点してしまいます。

手を伸ばせば届く距離で、さほどスピードも無いボールを見合って失点してしまうのは、まさに相手にポイントを与えてしまっていると言えるでしょう。

解決策

ペア間でよく話し合いましょう。

そして何かルールがあると良いと思います。ただ状況によってはその限りでは無くなる場面もありますので注意が必要です。

 

お見合いが多いペアの場合は、お互いの考えている担当範囲が狭い可能性があります。もう少しフットワークを使い広範囲を動き回れるようになりましょう。

 

また、ボールを打ち返すまでは例えペアの子が打つと判断しても足を動かしストロークの姿勢まではとるようにした方が良いです。たまに、ペアの方にボールが飛んで行った時に全然足を動かさない子を見かけます。これではとっさの状況に反応できませんし、お互いが何もアクションを起こさない事もあります。



結局は練習を積み重ねるしかない

まずは自分達の失点するパターンをよく洗い出し、どんなミスが多いのかを認識しましょう。

結局は地道に練習していくしかないんですが、練習内容や練習中の意識でいくらでも上達のスピードは変わってきます。

相手にポイントを与えてしまうような単純なミスから無くしていくことをおススメします!

 

ソフトテニスのフォアハンドストロークのミスを減らすポイントについて書いています!こちらも読んでみてください!

ソフトテニスのフォアハンドストローク!ミスを減らすための8つのポイント!
ソフトテニスの最も基本といえるフォアハンドストロークは、試合中に一番よく使う打ち方です。フォアハンドストロークでミスが多いと試合には勝つことができません。ミスを減らすためにはどんなポイントを気を付ければいいのか紹介します。

 

コメント