ソフトテニス初心者へ!サービスとレシーブ、チェンジサイズのルールについて!

ソフトテニスについて
 この記事は・・・
  • 試合進行に重要なサービスとレシーブの流れについて書いています
  • これからルールを覚える初心者の方は是非読んでください

ソフトテニスの試合は、必ずサービスから始まります。サービスを打つ側はゲームごとに交代していきます。

サービスは一回につき2本のチャンスがあります。

一本目のサーブをファーストサーブ、2本目のサーブをセカンドサーブと呼び、2回目のセカンドサーブをフォルトすると失点となり次のサーブに移ります。

先にサービス側になるかレシーブ側になるのは、試合前にあらかじめ決めておきます。

ソフトテニスの試合の流れ!始まりから最後の挨拶までキッチリと!
ソフトテニスの試合の進め方について説明します。試合前のトスや挨拶などがキッチリできる子はやはりソフトテニスも上手な気がします。

1ゲーム目にサービス側だったペアは奇数ゲームでサービスとなり、反対側は偶数ゲームでサービスとなる。

また、ゲームが変わる際に、サービスの権利が交代するだけでなく、サイドチェンジが行われることもあります。(この記事の後半で説明しています。)

サイドチェンジとは、プレーしているコートを入れ替えることです

サービスのルール

サービスとは

サーブと呼ぶことも多いです。というかサーブって呼ぶことの方が多いです。サーブを打つ選手のことをサーバーと呼びます。

トスをしてからボールが地面に落ちる前にラケットで打ちます。

トスとは、ラケットを持っていない方の手でボールを浮かせる動作のことです。ボールを浮かせる位置は、打つサーブによって様々ですが、サーブ成功の鍵はトスが握っていると言っても過言ではありません

サーブを打つタイミング

正審が試合開始のコールやポイントをコールし、相手がレシーブの準備ができたところで打ちます。必ず正審のコールの後に打つように注意しましょう

サーブの位置

サーブを打つ位置

サイドラインとセンターマークの間で、ベースラインの外側から打ちます。センターマークやベースラインを越えてサーブを打ってしまうと、フォルトになるので注意しましょう。

サーブを入れる位置

ネットを挟んで交差する側のサービスエリアにいれます。このエリア以外にボールがワンバウンドするとフォルトになります。

サーブをする選手

サーブ、サービス側の選手が2回づつ交代しながら打ちます。一回目は、センターマークの右側から打ちます。2回目はセンターマークの左側から打ちます。

センターマークより右側を後衛サイド、左側を前衛サイドと呼ぶこともあります
また、一つのゲーム内でサービスを打つ順番が変えられず、ゲームが始まったら必ず2回づつサーブを打ちます。

フォルトとは

フォルトとは、サービスの失敗です。一本目のサーブがフォルトになったら、2本目のサーブ打つことができます。2本目のサーブをフォルトしてしまったら、『ダブルフォルト』となり相手チームに1ポイント与えてしまいます。

そして次のサーブへと移ります。

1ゲームは4ポイント先取の戦いになります。ダブルフォルトだろうが1ポイントに変わりありません。1ポイントの占める割合は25%と考えると、いかにダブルフォルトがもったいない失点なのかわかります。

フォルトになるのはどんなとき

  1. サーブが指定のエリアに入らなかった時
  2. トスを2つのボールでしてしまった時
  3. サーブの際にボールがラケットに2回以上当たったとき(ドリブル)
  4. サーブを打ったボールが、直接ペアや審判や審判台などに当たった時
  5. サービスをする時にベースラインを踏んでいたり、センターマークやサイドラインの外側に足がでていた時

レットとは

レットは直前に打ったサーブをやり直すことです。

ファーストサーブがレットになった場合、2モアサービスのコールで再びファーストサーブを打ちます。

セカンドサーブがレットになった場合、1モアサービスのコールで、セカンドサーブを打ち直します。

レットになるのはこんなとき

  1. 正審コールの前にサービスを行った時
  2. サーブを打ったボールが、ネットやネットポストに当たった後、正しいエリアに落ちた時
  3. サーブを打ったボールが、ネットやネットポストに当たった後、レシーバーの体やラケットに当たった時
  4. サーブを打ったボールが、ネットやネットポストに当たった後、レシーバーのペアがサービスエリアに入った時
  5. 審判が判定を間違えたために、プレーに影響が出たとき
  6. 別のコートのボールなどにより、プレーが邪魔された時

レシーブのルール

レシーブとは

サービスのボールを、1バウンドしてから2バウンドする前に打つことです。レシーブする選手をレシーバーと呼びます。

レシーブの順番

レシーブは後衛サイド、前衛サイドそれぞれ順番に行っていきます。どちらの選手がどちらのサイドでレシーブするのかは、そのゲーム中は変更できません。

レシーブで失点する時

レシーブの失敗

レシーブしたボールが相手コートに入らなかったり、レシーバーが空振りするなどでレシーブを失敗したとき

ダイレクト

サーブで打たれたボールが、サービスエリアに1バウンドする前に、レシーバーの体やラケットに当たってしまったとき

インターフェア 1

サーブで打たれたボールが、2バウンドする前にレシーバーのペアのラケットや体に当たってしまったとき

インターフェア 2

レシーバーがレシーブする前に、ペアがそのサービスエリアに入ってしまった時

インターフェア 3

1つのゲーム中に、レシーバーがレシーブする順番が間違っているのがわかった時。ただし、そのポイントだけ。

チェンジサイズとチェンジサービス

冒頭でも書きましたが、サーブ側とレシーブ側は1ゲームごとに交代していきます。交代のタイミングでコートチェンジする時があります。

チェンジサイズ

奇数ゲームが終わり、次のゲームを始める前にコートを入れ替えます。

1ゲーム目が終わった時、3ゲーム目が終わった時、5ゲーム目が終わった時、7ゲーム目が終わった時です。

この時正審はチェンジサイズとコールします。

それ以外の偶数ゲームが終わった時は、チェンジサービスのコールで、コートチェンジせずに次のゲームへと入ります。

サービスの順番やサイドの間違いがあった場合

サーブを打つ順番や、本来コートチェンジするタイミングでし忘れてしまった場合、その間違いを気付いた時にどのように対応すれば良いのでしょうか。

  1. サービスする前であれば、そのポイントから正しく入りなおす
  2. プレー中に間違いに気づいてもプレーを中断せずに次のプレーから正しく入りなおす。また、それまでのポイントは有効になる
  3. 間違いがファーストサーブを打った後にわかった時は、そのときに正しい順番に入り直し、ファーストサーブから行う

まとめ

いかがでしょうか。

長くなってしまいましたが、ソフトテニスを始めたばかりの初心者の方は繰り返し読んでみてください。

初めは、ゲームが終わるたびにサーバーが変わったりコートが変わったりと何が何だかわからなかった記憶があります。

ただ、ちょっと慣れてしまえば簡単です。何試合かすれば覚えてしまうと思います。

 

コメント